• ホーム
  • 薬剤師の数は不足しているか

薬剤師の数は不足しているか

白い錠剤と葉

日本国内においては、今後も医師や看護師をはじめとして医療関係の人材の不足が予測されています。
その中には薬剤師の数の不足問題もあり、人材育成を中心に様々な取り組みが行われています。
特に薬学部の新設などによって若い人材を育成することで、将来的な薬剤師の不足問題を早期に解決することに主眼が置かれているのです。
しかし一方で結婚や出産や子育てなどで退職した人たちの職場復帰を支援することで、薬剤師の数の不足を解消しようという動きも本格化しています。
特に職場復帰支援による人材の確保は即効性があるので、再就職のサポートのために調剤薬局業界も様々な取り組みを行っています。
その一つはブランクのある人でも安心して働けるための教育システムであり、働きながら最新の技術と知識が学べる点に特徴があります。
また薬剤師が子育てをしながら働ける環境を整えるために、保育施設を整備したり保育費用を補助するなども動きも出ているのです。
更に子育て中の薬剤師が働くためには、子育て支援だけではなくて様々な勤務形態から選べることも重要です。
そこで調剤薬局チェーンでは、正社員としての募集以外にも、週3日程度でも働けるパートの募集にも力を入れているのです。