薬剤師の平均年収

葉の上においているカプセル

薬剤師とは、医師の処方箋にしたがって調剤をして、患者に渡すことを仕事としている人のことです。
薬剤師として働くためには、専門の資格が必要となります。
いわゆる専門職なので、平均年収は高めとなっています。

ただし、どこで勤務するかによって、平均年収は異なってきます。
たとえば病院内や病院の付近にある調剤薬局でフルタイムで働く場合には、平均年収は500万円ほどとなっています。
ドラッグストアでの勤務の場合は調剤薬局での勤務より収入はやや少なくなりますが、店長クラスになると700万円ほどの収入を得ることも可能になります。

さらに薬剤師は、製薬会社で勤務することも可能です。
新薬の開発や臨床実験などをおこなうのですが、この場合の平均年収は600万円ほどとなっています。

このように、薬剤師の平均年収は勤務する場所によって異なっていながらも、サラリーマンの平均年収と比べると高めとなっているのです。
そして薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアでは、パートタイムで勤務することも可能です。
時給は、資格がなくても勤務できる仕事と比べると高く、2000~3000円ほどが相場となっています。
年収は勤務時間の長さによって異なってきます。